おーいお茶 濃い茶で下痢になるのは飲み過ぎが原因

便秘

おーいお茶濃い茶は、体脂肪を減らしてくれる成分が含まれているので飲んでみようと思っていた私。

でも、調べているうちに「おーいお茶濃い茶下痢」という言葉が出てきてびっくり!

おーいお茶の濃い茶はどうして下痢になるのかを、飲んでみた人の口コミなどから、チェックしたら、なんと飲みすぎ!?

濃い茶は飲みすぎると下痢になるのかについて、詳しく解説していきます。

おーいお茶の濃い茶で下痢!原因は飲みすぎだけ?

おーいお茶の濃い茶で下痢になる原因は、先ほども言いましたように飲み過ぎです。

濃い茶は機能性表示食品(※)なので、1日に飲む量が決められていますから、おいしいからといって飲み過ぎはよくありません。

1日の摂取目安量は1日3杯(1杯400ml)が目安で、食事と一緒に飲むことが勧められています。

機能性表示食品制度とは、国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出れば、機能性を表示することができる制度です。

出典元:消費者庁

飲むタイミングは濃い茶に含まれる成分が脂肪の吸収を抑えるので食事中に飲むのがベストです。

あっさりした食事の時は脂肪が少ないので、その作用が強く出て下痢になる事も考えられます。

食事中以外ですと、吸収する脂肪があまりない状態なので下痢になる可能性がゼロではありません。

もともと、お腹が弱い人は脂肪の多い食事の時だけ飲むのが良いです。

また、冷たい濃い茶でも下痢になります。

もともとお腹が弱い人は冷たい飲料を飲んだだけでも下痢になるのと同じ原理です。

さらに、濃い茶で下痢になる原因はこれ以外では、特にありませんでしたので、飲みすぎに注意して飲めばおいしくいただけますよ。

濃い茶を飲んだ人の口コミ

濃い茶を飲んだ方の口コミでの感想を紹介します。

口コミを見ると、お菓子などの甘いものを食べる時に飲む方もいますね。

また、人によっては下痢になっている人もいますし、そんな方の中には濃い茶を飲み過ぎたと言っています。

やはり良いものでも飲み過ぎはいけませんね。

おーいお茶 濃い茶の成分はガレート型カテキンが2倍

おーいお茶の濃い茶には、機能性関与成分としてガレート型カテキンが含まれています。

ガレート型カテキンの量は伊藤園の主な緑茶飲料のと比較すると2倍です。

ガレート型カテキンは体脂肪を減らす機能があることが報告れていますから、ダイエットしたい方にはとても嬉しいお茶になります。

濃い茶を飲んで体脂肪を減らしてみたい方はこちらから購入できます。
↓↓↓

まとめ

濃い茶で下痢になる原因は飲み過ぎなので、摂取目安をしっかり守って飲みましょう。

1日の摂取目安量は1日3杯(1杯400ml)を食事と一緒に飲んでください。

タイトルとURLをコピーしました