オールブランはいつ食べるとダイエットに最適か?夜の置き換えダイエットがベスト!

便秘

オールブランはダイエットに向いていると聞いた私は、いつ食べると最も効果的に痩せられるのか気になり調べてみました。

結果、オールブランは夜の置き換えダイエットとして食べるのが最もダイエットへの近道でした。

  • なぜ朝より夜がいいのか?
  • どんな食べ方をすればいいのか?
  • 一食分量の摂取量はどれくらいがいいのか?

など、詳しく解説していきます。

オールブランが夜の置き換えダイエットに良い理由

オールブランを夜の食事の置き換えダイエットとして食べるのが効果的です。

そのわけを、詳しくご説明していきます。

発酵性食物繊維

オールブランは小麦ブランという小麦の粒の中でも発酵性食物繊維が豊富な部分から作られています。

この発酵性食物繊維は小麦ブラン由来のアラビノキシランで腸内の善玉菌を増やすので、腸内環境の改善に繋がります。

ダイエット中の悩みとして、早く痩せたいので食べ物を制限したり偏った食事になったりで、腸が活発に動かなくなったりします。

腸の活動が悪くなると代謝も悪くなり、消化が思うように行われずせっかくのダイエットの効果も出ません。

でも、オールブランなら発酵性食物繊維が腸内の善玉菌を増やすことにより、腸が活発に動きダイエットの効果が期待できます。

腸が活発に動くのは夜間・就寝時なので、夜の腸活に良い発酵性食物繊維を含むオールブランを食べるとダイエット中の便秘対策に最適です。

毎日続けやすい

夜に疲れて帰ってきてもオールブランに何かをかけて食べればいいだけなので、毎日続けやすいです。

ダイエットを毎日続けやすいのが、夜にオールブランを食べることです。

体重の減りを実感できる

夜は活動が少なく、食べた後すぐ寝ると脂肪が蓄積されやすくなります。

なので、夕食をオールブランに置き換えてしまうことで脂肪が蓄積される可能性が低くなり、ダイエットをしっかり感じられます。

腹持ちがいい

オールブランには食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維はお腹の中で留まる時間が長く、時間をかけゆっくり消化されるので腹持ちが良いのです。

腹持ちが良いという事は、空腹感を感じにくいのでダイエットには最適なのです。

低GI食品

オールブランは低GI食品として認められており、食べた後の血糖値の上昇を緩やかにする特徴があり、血糖値の上昇が穏やかなことはダイエットにはもってこいです。

血糖値が急激に上がるとインスリンが必要以上に分泌されます。それにより糖分を脂肪として蓄積することに拍車がかかってしまいます。

さらに急激に上がった血糖値が急降下すると、食欲がさらに増してしまい悪循環に陥りダイエットどころではなくなります。

結論として

血糖値が急上昇する食べ物は、常日頃はもちろんダイエット中には厳禁です。しかしオールブランなら、食物繊維が多い低GI食品なのでダイエット中の食品としてはおすすめと言えます。

夜が良い理由としては

  • 続けやすい
  • 効果を実感できる
  • ダイエット中の便秘対策になる

以上の理由で、夜の食事をオールブランにすればダイエットの効果をより早く実感できるのです。

オールブランで夜の置き換えダイエットをする方法

オールブランはそのまま食べるか、何かをかけたり、トッピングしたりするのが一般的な食べ方です。

そのまま食べる場合

オールブランを夜の置き換えダイエットとしてそのまま食べる場合は、注意して欲しいことがあります。

オールブランには食物繊維が豊富なので、水分が不足すると便が硬くなり翌朝のお通じに支障をきたします。

なので、夜の置き換えダイエットとしてオールブランをそのまま食べる場合は、水分をしっかり摂って食べましょう。

たとえば、スープやお茶などのような水分です。

何かをかける場合

例えば

牛乳200mlをかけると合計のカロリーが300~350㎉になりカロリーもごはん一膳より多くなります。

※オールブランリッチは例外で牛乳200mlをかけると合計のカロリーが約270Kcalです。

なので、より早くダイエットしたい場合は

  • 低脂肪牛乳
  • 豆乳
  • 脂肪ゼロのヨーグルト

などをかけながら食べると良いでしょう。

以下にオールブランの中でも比較的カロリーの低いオールブランリッチを、そのまま食べた場合と牛乳などをかけた場合のカロリーを表で示します。

カロリー
オールブランリッチ(40g)141Kcal
牛乳(200ml)かけた場合269Kcal
低脂肪牛乳(200ml)かけた場合220Kcal
豆乳(200ml)かけた場合255Kcal
脂肪ゼロヨーグルト(200g)かけた場合225Kcal

上記の表を見るとわかるように、牛乳をかけるより低脂肪牛乳、豆乳、脂肪ゼロのヨーグルトをかけた方がカロリーは少なくなります。

オールブランでダイエットしてみたい方はこちらから購入できます。

▼こちらをクリック▼


ダイエットする際のポイント

かけるもののカロリー

何かをかけてオールブランを食べる場合については、先ほども言いましたように、カロリーの低いものをかけましょう。

トッピングのカロリー

トッピングに関しても低カロリーのものを選びましょう。


フルーツをトッピングする場合は、フルーツの中でもカロリーが低いものを選びましょう。

100g当たりのカロリーが約40㎉と比較的低いイチゴ、グレープフルーツ、メロン、すいかなどがおすすめです。

くれぐれも、アイスクリームなど高カロリーのものは避けるべきです。

夜以外に食べると空腹感が・・・

オールブランを夜以外の朝や昼に食べた場合は、その後お腹が空いてしまう可能性があります。

朝や昼の食事は、その日の活動のエネルギーを補給する大事な食事なので、日中にお腹が空いてはダイエットどころではなくなるので注意が必要です。

なので、ダイエット中は夜に食べることをおすすめします。

食事の栄養バランス

ダイエットで一番忘れてならないのは、食事のバランスです。

なぜなら、食事のバランスが崩れると栄養が十分に補給されず体調を崩して

・便秘 
・肌荒れ
・新陳代謝の低下

などダイエットしても、痩せにくく痩せたとしてもやつれた感じの痩せ方になってしまうので、食事のバランスは大切なのです。

ダイエットした人の口コミ 

オールブランでダイエットした方々の口コミを紹介します。

朝にオールブランでのダイエットは、オートミールより続けやすいようです。

お通じも考えているようですね。

オールブランで便秘になる方もいます。水分が足りなかったんでしょうね。

なんと、まずくて1週間が限度だったようです。

こちらの方は、2日で挫折したようです。

オールブランでダイエットして挫折した方の多くは、「まずい」ので続かなかったといっています。

まずいのを無理して食べるとかえってストレスになり、やけ食いの原因になるので、オールブラン以外の方法を考えましょう。

オールブランでダイエットが無理な人へ

ここからはオールブランでダイエットが続かなかった人だけお読みください。

そんな方にはダイエット対策としてベースフードがおすすめです。

なぜなら、美味しいだけじゃなく健康的に痩せるための栄養素がしっかり含まれているからです。

具体的には

  • 高たんぱく質
  • 食物繊維たっぷり
  • 糖質オフ
  • 26種類のビタミンとミネラル
  • 必須脂肪酸

これらの栄養素が1食(2袋)で摂れ、つまり「1日に必要な栄養素の1/3」(※)が摂れることになるのです。

(※) 1食で、栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

これらの栄養成分があることで確実に痩せられだけでなく、健康的に痩せられるのです。

栄養成分ごとに詳しく解説します。

ベースフードの栄養とダイエットの関係

タンパク質

タンパク質は筋肉量を増やすのにつながり、筋肉量が増えると基礎代謝が上がり脂肪が燃焼しやすい体質になるので、ダイエット中には欠かせない栄養です。

また、たんぱく質は臓器や肌、爪、髪の毛にも使われるので不足すると、ダイエットでやつれてしまいます。

食物繊維

ダイエット中の腸内環境を整えてくれるのが食物繊維です。

さらに、

  • コレステロール値を下げ糖の吸収を穏やかにする
  • 食物繊維が多い事により、噛むので食事の満足感が増す
  • 腹持ちが良い

以上のことから肥満の予防になります。

糖質

ベースフードの商品は糖質控えめです。

糖質は体中の細胞に送られエネルギー源として大切ですが、摂取量が多すぎた場合脂肪となって蓄積されるので、ダイエットには好ましくありません。

ですから、糖質を必要以上に摂取することがない糖質控えめなベースフードはダイエットに向いているのです。

ビタミンとミネラル

ビタミンは人が体を動かす上での、機械で言えば潤滑油の役割があり、体の中でほとんど作ることが出来ないので食べ物からとる必要がある成分です。

また、ミネラルは体内で作ることが出来ず、食べ物からとる必要があり不足すると体調不良の原因となる成分です。

ダイエット中にビタミンとミネラルが不足すると痩せにくい体になるので欠かすことのできない成分です。

必須脂肪酸

ダイエット中に極端な油抜きによって必須脂肪酸が不足すると

  • 肌荒れ
  • 髪の毛の艶が失われる
  • 骨や血管のトラブル

など加齢を加速させてしまいます。

せっかく痩せても体調を崩して、老け込んでしまっては元も子もありませんので、必須脂肪酸はとても大切な栄養素です。

ベースフードを利用している方の口コミ

◆美味しく食べられて何よりです。

◆味もいろいろあるので、好きなものを選ぶと良いですね。

◆ごちそうというくらいおいしいようですね。

◆パン、クッキー、ヌードルいろいろあって飽きずに食べられそうですね。

◆腹持ちがいいのはダイエット向きですね。

ベースフードがダイエットに良い理由は、美味しいのでダイエットを続けられるからです。

Twitterでも「おいしかった」の声が多く見られており、愛用されているのがわかります。

よって、ベースフードはオールブランがまずくてダイエットが続けられなかった人にとっては、とても優れたダイエット食品です。

ベースフードでダイエット成功へ

ベースフードの公式サイトへ

まとめ

オールブランをいつ食べるとダイエットに直結するのかは、夜の置き換えダイエットが最適です。

夜なら、活動量も少ないのでダイエット中お腹がすいて困るという事が無いからです。

効果を早く求めるなら、混ぜるものやトッピングはカロリー低めを選びましょう。

オールブランがまずくてダイエットが続かない人には「ベースフード」がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました