寝る前にバナナを食べて痩せた!その理由は3つのポイントにある

便秘

「寝る前にバナナ食べて痩せた!」と聞いた私は、それが本当ならバナナでダイエットできると思いました。

でも、すぐには信じがたいので詳しく調べた結果、寝る前にバナナを食べて痩せた人は、次の点に気を付けているのがわかりした。

  • 寝る直前じゃない
  • 食べる量
  • 組み合わせた食材

これらのことに注意しないと太る可能性もありますので、詳しく解説していきますから寝る前にバナナを食べて痩せたいと思っている人の参考になればうれしいです。

さっそくバナナを購入したい方はこちら
↓↓↓


寝る前にバナナを食べて痩せたという人のポイント

寝る前にバナナを食べた人は次のような3つの点に気を付けていました。

point1 寝る1時間前までに食べる

いくら寝る前と言っても、寝る直前では太る可能性があるので寝る1時間前までは食べるようにしましょう。

point2 バナナは1本までとする

バナナは比較的カロリーが少なく消化吸収の良い食品ですが、1本以上食べるとやっぱりカロリーオーバーとなるので、1本までとしましょう。

point3 ヨーグルトやはちみつと組み合わせる

ヨーグルトと組み合わせると、翌朝の腸の働きが良くなりダイエット中の気になるお通じにも最適です。

ハチミツはは脂肪燃焼効果が期待できるので寝る前に食べても、安心です。

バナナを寝る前に食べた人の口コミ

ハチミツやヨーグルトと一緒に

痩せ体質を目指して!

老化防止

バナナは簡単に食べられるので小腹がすいたときにも重宝する食品です。

ダイエットなのに寝る前に食べても良い訳

バナナは意外とカロリーが少なくて消化が良い食品なので夜に食べてもダイエットになるのです。

・カロリーはごはん1膳の半分くらい

バナナは1本約86㎉です。

ご飯と比較すると、茶碗半分

パンと比較しると、6枚切りの食パン半分(何もつけないで)

このように見るとバナナ1本食べてお腹が満足し、カロリーも低いのでダイエットには最適ですね。

・ダイエットに効果的な栄養がいっぱい

バナナに含まれる栄養成分は痩せるための強い味方です。

アルギニン

夜にバナナを食べると、バナナに含まれるアルギニンがオルチニンに変化して寝ている間に成長ホルモンを活発にします。

成長ホルモンが活発化することで体脂肪燃焼し、ダイエット効果が促されるの寝ていてもダイエットへと近づくのです。

トリプトファン

トリプトファンは睡眠に必要なメラトニンの材料となるのでぐっすり眠れ、眠りの質がアップします。

アミラーゼ

糖質を分解してくれる成分なのでダイエットにはもってこいです。

食物繊維

バナナに含まれている食物繊維は水溶性と不溶性の両方がバランス良く含まれています。

水溶性食物繊維は便を軟らかくし、不溶性食物繊維は水分を吸収し便のカサを増して大腸を刺激して便意を促します。

なので、ダイエット中のお通じの心配もありません。

マグネシウム

マグネシウムは神経やホルモンの働き整え、体の不調の改善効果が期待できる成分です。

・消化吸収に優れている

バナナに含まれる消化酵素のアミラーゼが、消化吸収をスムーズにします。

また、アミラーゼが含まれているので胃腸に負担をかけずに消化吸収できます。

バナナと一緒に食べるとダイエットに効果的な食品

バナナと一緒に食べるとより一層脂肪燃焼を加速するのは、ヨーグルトやハチミツです。

・ハチミツ

ハチミツは成長ホルモンの分泌を増やし、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

でも、糖分の取りすぎも心配されるので量としては大さじ一杯がおススメです。

国産ハチミツで脂肪燃焼を促進したい方はコチラ
↓↓↓


・ヨーグルト

ヨーグルトに入っている乳酸菌が、睡眠中の腸内環境を整えるので朝のお通じへも期待でき、ダイエットにも効果があります。

まとめ

寝る前のバナナは、

  • 1本
  • 寝る1時間前まで
  • ヨーグルトやハチミツと合わせると良い

このようなことを守れば、寝る前にバナナを食べて痩せることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました