野菜スティックが体に悪い!?調査してみた

便秘

コンビニなどで売ってる野菜スティックは、手軽に野菜不足を補えるので重宝しますが、体に悪いと言われています。

野菜スティックが体に悪いと言ってる人の根拠を調べてみたら、殺菌・洗浄する際の消毒方法に問題があったのです。

体に悪影響を与える問題ではないのですが、

  • 殺菌・洗浄する際の消毒方法
  • 野菜スティックの栄養について
  • 野菜スティックのメリットとデメリット

を知ると、安心して野菜スティックを毎日の食事に取り入れ野菜不足を補えます。

野菜スティックが体に悪いと言われる原因”消毒”について

体に悪いと言われる最大の原因は、”野菜を洗浄する際に次亜塩素酸ナトリウムが使われている”ということがわかりました。

次亜塩素酸ナトリウムは水道水にも使われているもので、体調を崩すことはない安全な成分です。

次亜塩素酸ナトリウムを漂白剤として使う場合は約5%濃度ですが、野菜スティックなどのようなカット野菜の場合は0.005~0.02%濃度なのです。

それに、野菜に使った場合は最後に水で洗浄しますから、野菜には高濃度の次亜塩素酸ナトリウムは残らないので、安心なのです。

なので、野菜スティックなどのカット野菜が体に悪いというのは嘘です。

次亜塩素酸ナトリウムはについては厚生労働省ホームページでも詳しく記載されています。

亜塩素酸ナトリウムの使用量は、亜塩素酸ナトリウムとして生食用野菜類及び卵類にあっては浸漬液1kg につき 0.50g 以下でなければならない。また、使用した亜塩素酸ナトリウムは、最終食品の完成前に分解し、又は除去しなければならない。」とされている。

引用元:厚生労働省ホームページ

野菜スティックやカット野菜の場合は切り口が多いので、変色や腐敗が起こりやすく食中毒の原因になります。

そのため、殺菌・洗浄は消費者に安全で安心できる野菜を届けるために行われているのです。

野菜スティックの栄養は?

野菜スティックを洗浄後に水で洗うので栄養素が水に流れるのを心配する方もいるでしょう。

しかし、水に流れる栄養素は水溶性のビタミンCだけなので他の栄養素は失われないのです。

それに、家庭でも野菜を水洗いして使うので、栄養は家庭で処理した場合とほとんど変わりません。

野菜スティック向きの野菜

次のような野菜が野菜スティックに最適です。

きゅうり、大根、ニンジン、パプリカ、セロリ

主に淡食野菜が多くなるので、バランスを考えると緑黄色野菜も摂れるようにするのがベストです。

淡食野菜と緑黄色野菜の違いがわかりやすいように例をあげます。

淡食野菜:きゅうり、セロリ、大根、キャベツ、レタス

緑黄色野菜:ニンジン、カボチャ、小松菜、トマト

なので、野菜ステックを食べる時にトマトなどをプラスすると栄養面でのパランスもとれますよ。

野菜スティックのメリット

野菜スティックには次のような良い点があります。

満腹感

茹でたり、炒めたりしていないので良く噛んで食べなければならず、脳の中枢が刺激され満腹感があります。

なのでダイエットにも最適です。

調理が簡単

野菜を洗って切ればいいだけなので、調理が楽で調理時間もほとんどかからず、簡単に食べられます。

仕事から帰って疲れていても簡単に食べられるのも良い点です。

暑い時には良い

火を使わないので夏などの熱い時は、助かります。

栄養が損なわれない

野菜には加熱に弱い栄養素が豊富に含まれているので栄養を丸ごと摂れる。

野菜スティックのデメリット

野菜ステックは次のような思わしくない点があります。

1日に必要な野菜の量をとるのが難しい

野菜そのものの量をたくさん摂ることが出来ません。

成人が1日に食べるべき野菜の量は、緑黄色野菜と淡食野菜合わせて350g。

でも、野菜スティックで350gの野菜を摂ろうとするとカサが多くなりとても食べきれる量ではありません。

例えば1種類で野菜350g摂るときの分量を示します。

  • にんじんなら1本半
  • きゅうりなら3本半
  • レタスなら1個強
  • キャベツなら半分(夏秋、冬キャベツの場合)

これは1種類の野菜で350g摂る場合ですが、組み合わせなどを考えると面倒で、1日の野菜摂取量にはほど遠く、野菜不足になります。

野菜全体のバランスが崩れる

緑黄色野菜と淡食野菜のバランスが崩れるので、栄養面からも良くありません。

ちなみに、成人の1日の野菜摂取は350gでその中でも緑黄色野菜は120gが推奨されています。

このバランスが野菜スティックでは達成しにくいです。

胃・腸への負担

温野菜と違って野菜スティックは生で食べるので、消化に時間がかかります。

胃腸の調子が悪い時は避けた方が無難です。

野菜不足になるくらいなら食べた方がいい!

野菜不足を感じているなら、野菜ステックのような手軽に摂れるもから始めれば、野菜を食べないよりはましです。

しっかりと野菜の1日摂取量350gを摂りたい人は生より茹でる・蒸す・揚げるなどの火を通したほうが、かさが減るので食べやすくなります。

ですが、忙しいし面倒だと思う方にはドクターベジフル青汁 をおすすめします。

ドクターベジフル青汁は

  • 21種類の野菜で、淡色野菜・緑黄色野菜が入っていてコップ1杯で摂れます。
  • 全て九州産の野菜で安全・安心です。
  • 青汁の基本の大麦若葉・ケール・桑の葉の3種類が入ってます。
  • 飲みやすさにこだわったきなこと黒糖の自然な甘さになってます。

野菜ステックだけで、野菜が不足だと感じている方はドクターベジフル青汁を試してみてはいかがでしょう。

ドクターベジフル青汁の公式サイトへ

野菜不足の強い味方「ドクターベジフル青汁」についてもっと詳しくお伝えしてます。

まとめ

野菜ステックが体に悪いというのはうそでした。

消毒されていますが、その成分は体に影響があるものではないので安心してお召し上がりください。

タイトルとURLをコピーしました