オリゴのおかげに危険性はないが摂取時に注意したい点がある!

便秘

オリゴのおかげは腸活に役立つオリゴ糖が含まれていて、便秘改善の助けになる人工甘味料です。

便秘で悩んでいた私もオリゴのおかげを利用したいと思ったのですが、人工甘味料なので危険性がないのか心配になり調べてみました。

結果、オリゴのおかげは危険性がなく安心してお通じの改善に利用できますので、詳しく解説します。

オリゴのおかげの危険性がない理由

オリゴのおかげは特定保健用食品(トクホ)として国の許可を得た食品なので危険性はありません。

特定保健用食品(トクホ)

オリゴのおかげは整腸効果や安全性に対して、科学的な実証データを国が審査し、消費者庁が表示許可を認めている食品なので危険性はありません。

トクホについて以下を参照してください。

特定保健用食品は、からだの生理学的機能などに影響を与える保健効能成分(関与成分)を含み、その摂取により、特定の保健の目的が期待できる旨の表示(保健の用途の表示)をする食品です。 特定保健用食品として販売するには、食品ごとに食品の有効性や安全性について国の審査を受け、許可を得なければなりません。(健康増進法第43条第1項)

出典元:消費者庁ホームページ

成分のオリゴ糖に危険性はない

オリゴのおかげの主な成分のオリゴ糖は、ゴボウや玉ねぎなどの野菜やハチミツなどにも含まれる安全な栄養素ですから、危険性がなく安心です。

以下にオリゴ糖に関する厚生労働省ホームページの抜粋を記載しますので参考になさってください。

ビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる腸内細菌の栄養源となってそれらを増やす効果があり、特定保健用食品として認められています。

出典元:厚生労働省ホームページ

オリゴ糖配合オリゴのおかげを摂ることで、毎朝の出る出ないの悩みがなくなりお腹のつまりがスッキリします。

オリゴのおかげを摂取する際に気を付ける点

オリゴのおかげは砂糖よりカロリーが低いのですが、甘さは砂糖に比べると甘くないです。

オリゴのおかげで太る可能性は?

オリゴのおかげは、甘みが砂糖より少ないので砂糖と同じくらいの甘さを期待すると取りすぎて太る可能性がありますから、摂りすぎないようにしましょう。

オリゴのおかげを利用している方の口コミ

口コミを見ていただいたように、甘さに関して物足りなさを感じている方もいました。

だからといって摂りすぎると太るので、以下よりオリゴのおかげの正しい摂り方を紹介します。

正しい摂取方法

オリゴのおかげは多く摂取しても、お腹がゆるくなりにくいオリゴ糖ですが、個人差があるのでなかには緩くなる方もいます。

オリゴのおかげの1日の摂取目安量はティースプーン2~5杯(8~20g)ですから、それ以上は摂らないようにしましょう。

オリゴのおかげに含まれているオリゴ糖は、1日に8gと少量でお通じへの効果が実感できるオリゴ糖です。

※ほかのオリゴ糖製品ではたくさん摂取しないと効果が期待できないものもあります。

また、注意点としてはお料理に使う場合はご家族にお腹がゆるくなりやすい方がいる時は、少なめの量からお試しください。

毎朝、オリゴのおかげで力むことなくスーッとすっきり排便をしたい方は試してみてはいかがでしょう。

オリゴのおかげでおなかの調子が整わない場合は

オリゴのおかげを試しても思うように便秘改善しなかった人の場合は、腸内の善玉菌へのオリゴ糖不足で腸が活発にならない可能性があるので、オリゴ糖を数種類配合した「カイテキオリゴ 」の利用をおすすめします。

なぜなら、オリゴのおかげに含まれるオリゴ糖は乳果オリゴ糖の1種類だけで、腸内のさまざまな善玉菌が活発にならずスムーズなお通じへの手助けにはならない可能性があるからです。

カイテキオリゴなら、5種類のオリゴ糖を組み合わせることで腸内のそれぞれの善玉菌が好むオリゴ糖を届けることができ、腸内が活発に動きだします。

なので、力むことなくスムーズなお通じが約束されるのです。

カイテキオリゴは便通改善成分を含んでいる機能性表示食品(効果と安全を事業者が確認して届けた食品)ですから、安心して摂取していただけます。

カイテキオリゴは臨床試験により排便回数と排便量が有意に増加したことが確認されているオリゴ糖です。

もし、オリゴのおかげで思うようなお通じの改善ができなかった人は試してみてください。

カイテキオリゴについて詳しくはこちら
↓↓↓

カイテキオリゴで毎朝スムーズなお通じへ

まとめ

オリゴのおかげは特定保健用食品(トクホ)として許可を得た食品なので危険性はありません。

オリゴのおかげを使用する際に注意する点は

・1日8~10gが目安(ティースプーン2~3杯)

これが目安ですが、お腹が弱い人はゆるくなる場合があるので摂取量を減らして様子を見ましょう。

また、オリゴのおかげで便通改善に至らない方には、5種類のオリゴ糖が配合されている機能性表示食品のカイテキオリゴ をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました