ヤクルトやミルミルはスーパーなどの店頭で売ってないものもあります。その理由

便秘

ヤクルトやミルミルは腸内環境に良いというので、便秘がちな私は飲んでみたいと思いました。

でも、ヤクルトとミルミルにはいろいろな種類があるし、スーパーなどで売っていない種類もありました。

スーパーなどの店頭で売っていないのはなぜか?
どの種類が売ってないのか?
について詳しく調べてみました。

ヤクルトとミルミルがスーパーで売ってない理由

ヤクルトとミルミルが種類によっては店頭で販売されず、宅配限定の商品があるのは、「予防医学」「健康寿命」という強い使命があるからです。

宅配するヤクルトレディは単なる配達員ではないのです。

健康に関するアドバイザーとしての使命感があり、乳酸菌や腸の働きに関する知識を持っているのです。

なので、健康面で心配なことがある場合は迷わずに相談に乗ってもらえます。

また、店頭販売の商品と宅配の商品の違いは「乳酸菌 シロタ株」の菌数も違います。

それによって、店頭販売の場合、腸内環境を改善するはたらきがあり、宅配限定の商品は店頭商品の働きプラス免疫力の維持/向上させる働きがあります。

次の記事では宅配限定の商品と店頭販売の種類をお伝えします。

ヤクルトとミルミルの店頭で売ってない種類

ヤクルトとミルミルの宅配限定の種類は以下のようになっています。

ヤクルト1000

機能性表示食品で「ストレス緩和」「睡眠の質向上」の機能があります。

乳酸菌 シロタ株1000億個(1本あたり)

ヤクルト400W 

腸内環境を改善する機能が報告されています。

乳酸菌 シロタ株 400億個(1本あたり)

ヤクルト400 

特定保健用食品でおなかの調子整えます。

乳酸菌 シロタ株 400億個(1本あたり)

ヤクルト400LT 

特定保健用食品で、カロリーが気になる人のために30%OFFのカロリーの甘さ控えめです。

乳酸菌 シロタ株 400億個(1本あたり)

ミルミルS 

大腸で働くビフィズス菌 120億個 

ガラクトオリゴ糖などの栄養成分配合している飲むヨーグルト

宅配限定の商品はヤクルトレディさんより、説明を聞いて自分に合った種類をお試しいただければと思います。

店頭販売している種類

店頭販売しているヤクルトミルミルは次のようになっています。

ヤクルトW

乳酸菌 シロタ株 300億個(1本あたり)

飲みやすい甘さ控えめ、すっきりとした風味の「脂肪0」です。

Newヤクルト カロリーハーフ

カロリーと甘さが気になる方におすすめ。

乳酸菌 シロタ株 200億個(1本あたり)

Newヤクルト

特定保健用食品で腸内環境を改善します。

乳酸菌 シロタ株 200億個(1本あたり)

毎日飲むヤクルト365

ビジネスパーソンの健康をサポート。

乳酸菌 シロタ株 365億個(1本あたり)

全国のセブン&アイグループの店頭で販売中です。

ヤクルトファイブ

乳酸菌 シロタ株 300億個(1本あたり)

5種類の栄養成分(カルシウム、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、食物繊維)が含まれています。

ミルミル

大腸で働くビフィズス菌 120億個 

飲むタイプのヨーグルトで、程よい甘さでスッキリとしたミルク味です。

ミルミルは通販でも購入できます。

▼こちらをクリック▼


店頭販売だけでもかなりの種類がありますので、ご自分のライフスタイルに合ったヤクルト、ミルミルをお試しください。

まとめ

繰り返しになりますが、ヤクルトとミルミルがスーパーで売っていない理由は、配達員のヤクルトレディが健康に関してのアドバイザーという理由からです。

店頭販売していない種類は以下のようになります。

・ヤクルト1000
・ヤクルト400W
・ヤクルト400
・ヤクルト400LT
・ミルミルS

お求めはヤクルトレディまで。

タイトルとURLをコピーしました