ガリガリに痩せているのにぽっこりお腹!原因と改善方法

ダイエット

ガリガリに痩せているのにぽっこりお腹って、見た目のスタイルが悪くてとってもガッカリしちゃいますよね。

ガリガリに痩せているのにぽっこりお腹になる原因は、

  • 筋力低下
  • 骨盤の異常
  • 便秘
  • 内臓脂肪多い

以上の4つです。

ぽっこりお腹の原因の詳細と解消方法を原因別に解説しますので参考になさってください。

ガリガリなのにぽっこりお腹になる原因

ガリガリに痩せているのにぽっこりお腹のになる原因には次のような場合があります。

筋力低下

ぽっこりお腹は必ずしも、脂肪によるものだけとは言い切れません。

筋肉量が適正なら、インナーマッスルという体の深層の筋肉がそれぞれの関節や器官を持ち上げて正しい位置を保持してくれます。

しかし、加齢や運動不足によりインナーマッスルの筋肉量が減ると、胃下垂・腸下垂のよう胃や腸が正常な位置より垂れ下がった状態になります。

ということは胃や腸が正常な位置に納まっていないので、下腹が前の方にぽっこりと飛びだすのです。

また、骨盤底筋が低下すると、骨盤内の膀胱・子宮や直腸の重さを支えきれずに下がることにより、下腹が出ているように見えぽっこりお腹になります。

これらはお腹周りの筋力不足が原因なのです。

骨盤の異常

産後の女性に多く見られる骨盤異常や悪い姿勢もぽっこりお腹の原因です。

画像を見ていただくとわかるように骨盤が前傾や後傾になっています。

骨盤が正しい位置にきていないと骨盤に収まるはずの内臓が下がってしまってぽっこりお腹の原因になるのです。

悪い姿勢による骨盤の歪みもぽっこりお腹の原因です。

骨盤が前傾するのはヒールの高い靴を履いた時や、妊娠してお腹が出た状態で歩いた時などがあります。

また、骨盤が後傾するのはソファや椅子などに座る時背もたれに強く背中を傾け腰が前に突き出た状態(ずっこけ座り)の場合に起こります。

便秘

便秘と関係があるのは大腸ですが、大腸はお腹の中をぐるりと一周してますが、大腸が固定されているのは、両端だけなのです。

ですから、便秘が続いて便が溜まってくると腸がどんどん伸び腸が垂れ下がり他の臓器もそれにつられて垂れ下がってぽっこりお腹の原因になります。

内臓脂肪多い

飲みすぎや食べ過ぎによって大量のカロリーを摂取してしまうと、消費しきれず脂肪として溜め込んでしまうことになります。

そのために内臓脂肪が増加してぽっこりお腹の原因になります。

飲みすぎや食べ過ぎの原因としてはストレスがあります。

ストレスが溜まって食べることで、ストレス発散させる人が多いと考えられます。

ストレスをためすぎると、ドーパミンというホルモンが過剰に分泌され食欲を増大させますので、ストレスにも注意が必要です。

また栄養バランスの偏った食生活、たとえば

  • 脂っこい食事が多くなる
  • スイーツなどの糖分の多い食べ物をたくさん食べる

よって、内臓脂肪が付きすぎお腹周りの増加につながります。

原因別のぽっこりお腹改善方法

次にぽっこりお腹を解消する方法を解説します。

筋力低下の対処法

ポッコリお腹の解消に筋力をつけるところは骨盤底筋と腹筋です。

骨盤底筋を鍛える方法は次の動画で確認してください。

骨盤底筋を鍛えるトレーニング【4種目】

腹筋についても次の動画で確認してください。

【お腹痩せ】ぽっこりお腹を引き締める!【毎日5分】寝たままストレッチ #186

骨盤の異常の対処法

骨盤の異常はダイエットのために食生活に気を付けても治りません。

骨盤矯正には、整骨院へ通って正しくしてもらう方法もありますが、時間がなくて行けない人には骨盤矯正のための補正商品がおすすめです。

便秘の対処法

便秘でお腹のぽっこりしている人は、便秘解消のために

  • 水分を多めにとる
  • トレスをためないようにする
  • 睡眠を十分にとる
  • 運動をする
  • バランスの良い食事(野菜などの食物繊維を多く摂る)

以上に気を付けるのが難しく、なかなか思うような改善が見られない場合は、腸活に良いりんび茶がおすすめです。

りんび茶の優秀さを語りつくしているので参考になさってください。

内臓脂肪多い場合の対処法

内臓脂肪が多くなるのは飲みすぎ・食べすぎなので1日に飲むお酒の量や食事の量に気を付けましょう。

食べ過ぎた日の翌日は食べる量を減らすとか工夫しましょう。

まとめ

ガリガリに痩せているのにぽっこりお腹になる原因は

  • 筋力低下
  • 骨盤の異常
  • 便秘
  • 内臓脂肪多い

筋肉をつけるために筋トレや運動、姿勢を正しく、腸活、食べ過ぎなどに注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました