かんてんぱぱでゼリーを作る!固まる時間はどれくらいかかる?

便秘

かんてんぱぱの粉末寒天でゼリーを、私は便秘気味に子供のおやつに手作りしようと思いました。

でも、作るのが面倒でゼリーの固まる時間が長かったりすると、子どもも待ちきれないし・・と。

かんてんぱぱの粉末寒天の固まる時間を調べてみました。

ダイエットにもなる寒天で私も一緒に食べれば一挙両得だと考えました。

かんてんぱぱでゼリーを作った際の固まる時間は案外、短時間で固まることがわかりましたので、詳しくお伝えします。

かんてんぱぱでゼリーを手作り!寒天が固まる時間は?

かんてんぱぱの粉寒天の固まる時間について、問い合わせてみました。

今の時期(11月)なら常温で1時間くらいで固まるそうです。

寒天そのものが固まる温度は30℃~35℃が目安だからです。

しっかり固めたい場合は、冷蔵庫で冷やすのがおすすめだそうです。

また、固める場合の量によっても固まる時間は異なります。

大きいゼリー 例えばお弁当箱のような大きめ容器なら時間がかかり、小さいゼリーカップなら短時間で固まるそうです。

少しでも早く固まらせたい場合は小さめの容器に小分けして作るのがおすすめです。

自分でゼリーを作れば、砂糖を自分の好きなように調節できるので糖分の取りすぎも防げるので、カロリーを気にせずの食べられます。

ここで基本的な寒天ゼリーの作り方を紹介します。

粉寒天 4g
水 600ml
砂糖 適宜

お好きなフルーツ 適宜

耐熱ボールに水、粉寒天、砂糖を入れレンジ600Wで約8分

水がしっかり沸騰したこと確認してください。

沸騰していないと寒天が溶け切れず、固まらないこともあります。

ここの確認だけはしっかりしてくださいね。

あとは容器に流し1時間くらい常温で放置

もしお急ぎなら、氷水を張った大きめのバットなどに寒天を流した容器を入れると早く固まります。

冷たくして食べたいときは、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れれば冷たいゼリーの出来上がりです。

※注意点

最初から柑橘類を入れると固まらないので、ミカンやオレンジなどの柑橘類は寒天液を流した後に入れてください。

寒天の性質上、柑橘類を早くいれすぎると固まりません。

かんてんぱぱで手作りゼリーならダイエットにも最適

かんてんぱぱで手作りゼリーを作ってみましょう。

寒天パパにはお湯で溶ける粉末寒天がありますのでそちらを使ったレシピをご紹介します。

キウイフルーツ・プルーンと一緒に食べられるので朝食にも最適です。

材料

【3人分】

  • お湯で溶ける粉末寒天・・・1袋(2g)
  • 熱湯・・・300ml
  • キウイフルーツ・・・1個
  • ドライプルーン・・・2個

作り方

  1. ボールに熱湯と「お湯で溶ける粉末寒天」を入れ、泡立て器で約1分間かき混ぜ溶かし、容器に入れ冷やし固めます。
  2. キウイフルーツ、ドライプルーンを食べやすい大きさに切ります。
  3. 1を1㎝くらいに切り、2と合わせて器に盛ります。

※お好みでハチミツをかけてもおいしくお召し上がりいただけます。

食べ応え十分で砂糖が全然入っていないのに美味しく食べられるので、ダイエットにはもってこいです。

かんてんぱぱの「お湯で溶ける粉末寒天」は熱湯を注ぐだけで溶けるのでとても調理がしやすくて時短にもなります。

また、「お湯に溶ける粉末寒天」は特定保健用食品としての認可も受けているので信頼のおける食品です。

今回のレシピはかんてんぱぱの公式サイトより引用しました。

お湯で溶ける粉末寒天はこちらからお求めいただけます。
▼こちらをクリック▼


寒天とゼラチンの違いは?

ゼリーを作るといえばゼラチンを思い浮かべる方もいると思いますので、寒天とゼラチンの違いをお伝えします。

ゼラチンのレシピを寒天に

はじめにゼラチンのレシピを寒天の置き換える時の割合です。

ゼラチン3に対して寒天1が目安です。

例えば、ゼラチンが5gなら寒天は2g弱です。

寒天とゼラチンの違い

表にまとめてみました。

寒天ゼラチン
原料海藻から作られる植物性の食品牛や豚の皮・骨から作られる動物性の食品
固まる温度35~40℃15~20℃
特徴沸騰させ溶かさないと固まらない沸騰させてしまうと固まらなくなる
食物繊維が79%

寒天に含まれる食物繊維は、体内で消化吸収されないので、おなかの調子を整える「第六の栄養素」として注目されています。

また、ノーカロリー、無味無臭なので味付けも自由自在で、幅広い料理に使えるうえにゼリーにすると水分補給もできる優れものです。

かんてんぱぱ利用者の声

かんてんぱぱを使ってみた方の口コミでの感想を見てみましょう。

頑固な便秘に、様々ためしましたが、体質なのか効果なく、長野にでかけた際、立ち寄ったかんてんパパで始めて購入。黒糖で甘みをつけ、ヨーグルトと一緒に、毎朝食べて、スッキリです。気軽に買えるので購入。大満足です。

引用元:楽天レビュー

粉がサッと溶けて使いやすいです。

スーパーでかんてんクックの10袋入りを買っていましたが、こちらのほうがお得です。

早い発送でした。

引用元:楽天レビュー

手軽に食物繊維を

毎日ごはんに入れて炊いてます。

手軽に食物繊維がとれるので重宝してます。

引用元:楽天レビュー

とてもいいです
甘すぎた飲み物を大量に購入してしまい、
そうだ!寒天にしよう。と思いつきました。
丁度良い甘さになりとても助かっています。

引用元:楽天レビュー

お腹の調子がとてもいいです!
夕飯かんてん生活とてもいいです。沢山食べたい私も大満足です。毎日お通じが良く体重も4キロ落ちました。ひざの痛みもほとんどなく快適です。以前は粉末黒糖+きな粉+水少々 今はドライフルーツ入りのかんてんいろいろチャレンジして続いてます。毎回まとめ買いしています。

引用元:楽天レビュー

口コミを見ると

  • おなかの調子が良い
  • 食物繊維が手軽に摂れる
  • 便秘対策になった
  • 溶けやすくて、使いやすい

というような満足の声が多かったです。

寒天は食物繊維たっぷりでカロリーもないので食生活を改善したり、おなかの調子を整えるにはもってこいの食材です。

まとめ

繰り返しになりますが、かんてんぱぱの粉寒天の固まる時間は11月ごろなら、常温で約1時間で固まります。

寒天そのものが固まる温度は30℃~35℃が目安になります。

早く固めたいときは、粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れると早く固まります。

タイトルとURLをコピーしました