バターコーヒー初心者でも簡単!代替え材料で作るヘルシーなバターコーヒーレシピ

ダイエット

バターコーヒーは、健康やダイエットに良いとされる飲み物として注目を集めています。

しかし、材料が手に入らない場合や初めて作る場合には、どうやって作るのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バターコーヒーの専門家が代替え材料を使った簡単なレシピをご紹介します。

初心者の方でも失敗なしで作れるので、ぜひお試しください。

また、代替え材料を使ったヘルシーなレシピなので、健康志向の方にもおすすめです。

バターコーヒーとは?

バターコーヒーとは何か、その由来、特徴、効果や効能について紹介します。

まずはバターコーヒーがどのような飲み物かを解説し、その後、起源や特徴、健康効果について詳しく説明します。

バターコーヒーの由来

バターコーヒーは、チベットやモンゴルをはじめとするアジアの高地地帯で飲まれてきた伝統的な飲み物です。

アメリカのシリコンバレー発祥の飲み物としても知られています。

バターコーヒーの特徴

バターコーヒーは、コーヒーにバターやMCTオイルなどの脂質を加えた特別な飲み物です。

この脂質により、コーヒー本来の苦味を和らげ、クリーミーな味わいに仕上がります。

バターコーヒーの効果や効能

バターコーヒーには、代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすくする効果があるとされています。

また、脳機能を向上させ、集中力や記憶力を高める効果も期待されています。

ただし、過剰な摂取は健康に悪影響を与える場合があるので、注意が必要です。

バターコーヒーの代替品とは?

バターコーヒーの代替品は、バターの代わりにココナッツオイルやMCTオイルを使用する方法が一般的です。

これらの代替品は、バターと同様に脂肪分が多くエネルギー源として利用できます。

代替品の作り方については、材料をコーヒーに混ぜてブレンダーで混ぜるか、シェーカーで振ることが一般的です。

また、代替品の種類によっては、味や風味が異なることがあります。

バターコーヒーの代替品はまずい?

バターコーヒーの代替品はバターコーヒーが飲めない場合に利用されます。

代替品は様々な種類があり、それぞれの特徴や利点、欠点(まずいなど)についても解説します。

代替品の種類と特徴

代替品の具体的な種類はココアバターコーヒーやココナッツオイルコーヒー、ミルクティーラテなどがあります。

ココアバター(カカオバター)とMCTオイルを使用した代替バターコーヒーは、グラスフェッドバターが高く、乳糖不耐性、ビーガン、ベジタリアンの方におすすめです。

ココナッツオイルでもMCTオイルの代わりに使用できますが、頭の冴え方が全く違うのでMCTオイルをお勧めします。

材料がそろわなくてそれぞれの代替品を利用するには、いろいろ試してみて、まずいということなく飲めるものをチョイスしましょう。

代替品の作り方

バターコーヒーの代替品を作る方法について説明します。

作り方は、コーヒー1杯に対して

  • ココアバター(カカオバター)10g
  • MCTオイル大さじ1杯

を使用します。

甘いコーヒーが好きな方は、純粋ステビアを少し入れるといいです。

※ステビア:キク科の植物で砂糖よりも甘いのに低カロリー

代替品の種類と特徴

バターコーヒーの代替品としてギーやココナッツオイル、MCTオイルなどがあります。

それぞれの特徴や作り方について紹介します。

ギーを使った代替品

ギーはクラリフィドバターの一種であり、バターコーヒーに代用できます。

ギーは高温で作られるため、バターよりも独特な風味があります。

ココナッツオイルを使った代替品

ココナッツオイルはバターコーヒーの代替品として人気があります。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を含み、エネルギーとして速やかに利用される特徴があります。

MCTオイルを使った代替品

MCTオイルは中鎖トリグリセリドを含むオイルであり、バターコーヒーに使用されることがあります。

MCTオイルはエネルギー供給源として効果的であり、ダイエットや健康に関心がある人に人気があります。

バターコーヒーの代替品を活用して、ダイエットや健康づくりをサポートしましょう。

代替品の作り方

材料がそろわずに困っている場合や、もっと簡単に簡単にバターコーヒーを飲みたい場合に役立つ情報をお伝えします。

ギーを使った代替品の作り方

ギーを使ったバターコーヒーの作り方はとても簡単です。

まず、いつも通りホットコーヒーを作ります。

次に、カップ1杯につき大さじ1くらいのギーを入れます。

そして、短時間でエネルギーになるといわれているMCTオイルを加えよく混ぜて完成です。

しっかり攪拌することでクリーミーな仕上がりとなるので、ミルクフォーマーや泡立て器を使うことをおすすめします。

ココナッツオイルを使った代替品の作り方

ココナッツオイルを使ったバターコーヒーの作り方はとても簡単です。

まず、いつも通りホットコーヒーを作ります。

次に、カップ1杯につき大さじ1くらいのココナッツオイルを入れます。

そして、よく混ぜて完成です。¹

しっかり攪拌することでクリーミーな仕上がりとなるので、ミルクフォーマーや泡立て器を使うことをおすすめします。

MCTオイルを使った代替品の作り方

MCTオイルを使ったバターコーヒーの作り方はとても簡単です

まず、いつも通りホットコーヒーを作ります。

次に、カップ1杯につき大さじ1くらいのMCTオイルと約10gのグラスフェッドバターまたはギーを入れます。

そして、ミキサーやジューサー、ブレンダーなどでよく混ぜて完成です。

しっかり攪拌することでクリーミーな仕上がりとなるので、ミルクフォーマーや泡立て器を使うことをおすすめします。

代替品の味や飲み心地

バターコーヒーはコーヒーに加える材料によって味や飲み心地が違うのでご自分の好みに合うものを選んでみましょう。

ギーを使った代替品の味や飲み心地

ギーを使ったバターコーヒーは、クリーミーで濃厚な味わいが特徴的です。

ギーはバターやマーガリンに比べて風味が穏やかであり、コーヒーの苦味と相性が良く、口当たりも滑らかです。

バターに比べて溶けやすく、均一な混ざり具合があるのも特徴です。

ギーを使った場合はコーヒーにリッチなコクを加えることができ、エネルギー源としても効果的です。

ココナッツオイルを使った代替品の味や飲み心地

ココナッツオイルを使ったバターコーヒーは、爽やかなココナッツの香りと風味があります。

コーヒーにココナッツオイルを加えることで、さわやかな風味とまろやかな口当たりを楽しむことができます。

また、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸(MCT)を豊富に含んでおり、エネルギー源として効果的です。

ココナッツオイルを使った場合は、自然な甘みと滑らかなテクスチャーが特徴的です。

MCTオイルを使った代替品の味や飲み心地

MCTオイルを使ったバターコーヒーは、ほとんど味がなく、無味無臭の特徴があります。

そのため、コーヒーの味を損なうことなく、スッキリとした飲み心地を楽しむことができます。

MCTオイルは、体内で容易にエネルギーに変換されるため、即効性のあるエネルギー源として効果的です。

また、MCTオイルは消化吸収が速いため、バターコーヒーの持続的なエネルギー供給をサポートします。

MCTオイルを使った代替品は、さっぱりとした口当たりが特徴的です。

以上のように、ギー、ココナッツオイル、MCTオイルを使ったバターコーヒーの代替品は、それぞれ独自の味わいや飲み心地があります。

代替品の効果や効能

バターコーヒーの代替品としてギーやココナッツオイル、MCTオイルを紹介し、それぞれの効果や効能を解説します。

 ギーを使ったバターコーヒーの効果や効能

ギーはクラリファイドバターであり、高い脂肪分を含んでいます。

バターコーヒーのようにエネルギー供給や脳機能向上、空腹感の抑制などの効果があります。

 ココナッツオイルを使ったバターコーヒーの効果や効能

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸(MCT)を豊富に含み、エネルギー源として効果的です。

脂肪燃焼促進や脳機能改善、免疫力向上などの効果があります。

 MCTオイルを使ったバターコーヒーの効果や効能

MCTオイルは中鎖脂肪酸を主成分とするオイルであり、エネルギー供給や脂肪燃焼促進、筋肉増強などの効果があります。

特にケトン体の生成を促すことで、ケトジェニックダイエットに適しています。

バターコーヒーの代替品を作るのが面倒な方へ

前の記事では、バターコーヒーの代替について説明してきましたが、材料をそろえるのが面倒という方に、簡単にバターコーヒーが作れる「MCTバターコーヒー 」をご紹介します。

MCTバターコーヒーは1ヶ月分の30包のスティックタイプの個包装で、持ち運びも便利です

お湯を入れるだけでわずか5秒で簡単・手軽にMCTオイル入りの完全無欠の高級なMCTバターコーヒーを作れます。

高い栄養価で満腹感も得られるダイエットにおすすめのMCTバターコーヒーは、バターパウダーやMCTオイル、生酵素、葉酸、オリゴ糖、乳酸菌、植物発酵エキスなどの美容・健康成分をたっぷり配合しています。

朝食をバターコーヒーに置き換えるのがオススメで、炭水化物(糖質)の摂取を減らし、身体は脂肪をエネルギー源として使うため、ダイエットに効果的です。

朝食の代わりに手軽に取り入れられるMCTバターコーヒーを試してみませんか?

まとめ

バターコーヒーを作りたいけど材料がそろわない場合の代替の材料で作る方法を紹介しました。

バターコーヒーは脂質とカフェインの相乗効果でエネルギーアップやダイエット効果が期待できますが、材料を揃えるのが面倒な人にはMCTバターコーヒー がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました