枕が合わないと出る症状と解決方法

ヘルスケアアイテム

枕が合わないと睡眠が妨げられ、朝になっても眠気が残ったり、首や肩に痛みが出ることがあります。

そんな悩みを解消する方法として、適切な枕の選び方や使い方、または睡眠の姿勢を調整することが挙げられます。

この記事では、枕が合わないと起こる症状とその解決方法を詳しくご紹介します。

枕が合わないと出る症状の事例

枕が合わないと出る症状はたくさんあります。

いくつか体の不調をあげると

  • 睡眠不足
  • 睡眠が浅い、起きてしまう
  • 疲労感
  • 頭痛
  • 首や肩、背中や腰の痛み、凝り
  • 足がつる
  • 寝違え
  • ストレートネック
  • いびき
  • 睡眠時無呼吸症候群

など。

もちろん、日頃の生活や体型に問題がある場合もありますが、朝起きた時に不調を感じるなら睡眠の見直しをした方が良いです。

枕を改善するだけで、肩こりや首コリ、片頭痛や腰痛などが改善されることがあります。

これらの症状が出る原因

どんなに合っている枕でも寿命があります。

素材にもよりますが、枕は平均的に2~3年が寿命です。

枕によっては5年以上や1年ほどのものもあるので、睡眠の質が変わってきたと感じたら枕の買い替えのタイミングかもしれません。

枕が合わないと感じていなくても、高さが変わってきていたら買い換えのサイン。

自分で感じていなくても、疲れにくいと感じたり眠りが浅い時はヘタって寝返りが出来てないかもしれません。

お手入れをしていたとしても、必ず寿命はあるので体の不調を感じ始めたら、早めに自分に合った次の枕を探すことをおすすめします。

なんとなくで枕を選んでいる人も、枕が合わないと出る症状に当てはまるなら、数年のお付き合いになるので正しく枕を選んでくださいね。

解決方法①姿勢の調整や枕の使い方を変えてみる

枕が合わないと感じでも、枕を買い替える前にやれることがあります。

それは寝る姿勢の調整や枕の使い方を変えることです。

寝るときの姿勢の調整

姿勢の調整のとしては仰向けに寝ている場合、横向きに寝てみることで首や肩に負担がかからないようにすることができます。

枕の使い方を変える

使い方としては、首や肩に適した位置に枕を置き、また、寝返りをする際にも適した位置に枕を調整することが重要です。

枕買い替える前に一度試してみてはいかがでしょう。

解決方法②枕を買い替える

寝る時の姿勢や使い方を改善しても、枕には寿命があるので眠りが浅かったり、疲れが取れないようなら買い替えた方が良いです。

枕選びのポイント

  • 高さ
  • 硬さ
  • 大きさ

この3つが合っていると、寝返りもしやすいし睡眠の質も良くなります。

気を付けたいのが枕の硬さ。

それぞれの好みがありますが、柔らかいとフィットしているイメージがあるかもしれませんが、沈みすぎてしまうと頭の重さで沈んで寝返りが出来なくなったり、キレイなカーブになりません。

人は適度な寝返りをするもので、その回数は20~40回と言われています。

一晩で多すぎると感じるかもしれませんが、寝返りをしないと体がずっと同じ姿勢になり凝りや痛みを感じます。

また、この寝返りをしやすくしてくれるのが大きさと高さです。

高すぎたり低すぎると、体が自然に動かなくなるし、枕が小さいと朝起きたら枕に乗っていないということも。

寝返りをしても落ちないサイズが首が痛くならない枕と考えてください。

枕が苦手という人は、高さがあっていません。

自分に合ったものを使うと、枕がある方が寝やすくなるはずです。

首が痛くならない枕は、睡眠の質を上げて体の調子を整えてくれるので、自分に合った枕を使うことを心がけましょう。

私がおすすめするのは、「THE MAKURA 」です。

THE MAKURAの特徴

THE MAKURAは

  • 高さ調節できる
  • ほど良い硬さ
  • 寝返りを打っても頭が枕から落ちない大きさ

これらが皆揃っています。

THE MAKURAはちょっと寝るだけで疲れが取れる

THE MAKURAの公式サイトへ

まとめ

枕が合わないと出る症状は以下のようになります。

  • 睡眠不足
  • 睡眠が浅い、起きてしまう
  • 疲労感
  • 頭痛
  • 首や肩、背中や腰の痛み、凝り
  • 足がつる
  • 寝違え
  • ストレートネック
  • いびき
  • 睡眠時無呼吸症候群

このような症状を改善するには

  • 寝る姿勢の調整をしたり、枕の使い方を変えてみる
  • 枕を買い替える

枕を買い替えるなら、THE MAKURA がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました