からだすこやか茶Wの飲むタイミングは食事中!特徴は脂肪と糖の2つに働く!

便秘

からだすこやか茶Wは糖と脂肪の2つに働くトクホのお茶なので、最近コロナ太りの私は飲んでみようと思い

  • 飲むタイミングは?
  • 1日の飲む量は?

などについてチェックしました。

私のように太ってしまって、脂肪や糖の吸収を気にしている人は是非参考にしてみてください。

からだすこやか茶Wを飲むタイミングと1日の摂取量

からだすこやか茶はタイトルでも言いましたように、飲むタイミングは食事中です。

からだすこやか茶の公式サイトのよくある質問では次のように記載されています。

お食事ごとに1本を、1日当たり3本を目安にお飲みいただくようにお勧めしています。

からだすこやか茶 よくある質問より

上記にも記載されているように1日の摂取目安量は、1日350ml入りボトルのからだすこやか茶3本です。

※1日分1050ml入りのからだすこやか茶もあります。

なぜ食事中なの?

食事をすると血糖値が上昇し脂肪や糖の吸収が高まりますから、食事中にからだすこやか茶Wを飲むのが良いのです。

からだすこやか茶Wの成分の難消化性デキストリンは普通のお茶に比べ

  • 脂肪の吸収を約15%
  • 糖の吸収を約20%

抑えてくれるからです。

食前に飲んでも血糖値に変化ないので無駄ですし、食後では血糖値が上がった後なので多く飲まないと効果が期待できないからです。

ですから、脂肪と糖の吸収をしっかり抑えて健康維持したい方はからだすこやか茶Wを食事中にお飲みくださいね。

からだすこやか茶は1本350mlなので1日3本はかなりの量になりますね。

1回の食事で350mlを飲むとなるとかなりお腹が膨れるので、食事量も少なくなってダイエットになるかもしれませんね。

からだすこやか茶は特定保健用食品(トクホ)

からだすこやか茶は特定保健用食品(※)で、国の審査をもとに消費者庁の許可を受けた食品です。

※特定保健用食品(トクホ)とは?

特定保健用食品は、体に対して一定の効果があると消費者庁が認めたものです。

参考:特定保健用食品(トクホ)とは?|e-ヘルスネット(厚生労働省)より

なぜ脂肪と糖に働くのか

からだすこやか茶の成分 難消化性デキストリン(食物繊維)が脂肪の吸収を抑え、糖の吸収を穏やかにする働きがあるからなのです。

このような働きがあるので、血中中性脂肪が高めで、脂っこい食事が好きで食後の血糖値上昇が気になっている方にこそ飲んでほしいのです。

実際に飲んだ人の口コミでの感想

これを飲むと、快便です。 脂っこものや炭水化物多めの時に飲むと、便が出るのが 早い、柔らかい。 中性脂肪が下がりました。

引用元:アマゾンカスタマーレビュー

健康によいと思い購入しました。 あまりにも美味しくなくてがっくりしました。 クセがあって飲みにくい、美味しいとは思えません。 値段も高価ですし、私には良さがわかりませんでした。

引用元:アマゾンカスタマーレビュー

中年太りを気にする主人が愛飲しています。 運動不足の割には健康を保てているのは少なからずこのお茶がサポートしてくれていると思います。

引用元:楽天みんなのレビュー

口コミを見ると

・お通じが良くなった
・おいしくない
・癖が無くておいしい
・コスパ悪い
・健康に良いみたい

と様々なご感想があるようです。

お通じが良くなったとか中性脂肪が下がったという方がいるので、健康的には良いといえますね。

でも、コスパや味に関しては個人差があり何とも致し方ないといったところでしょうか。

続けて飲むためにはまとめ購入がおススメ

からだすこやか茶はスーパーやドラッグストアでも購入できますが、お店によっては取り扱っていないところもあるので、通販購入が確実です。

それに、まとめて購入する場合近くのお店で購入しても重くて持って帰るのも大変なので、通販購入なら玄関まで持ってきてもらえるので助かりますよ。

からだすこやか茶の通販購入はコチラ
↓↓↓

まとめ

からだすこやか茶を飲むタイミングは、食事の時です。

1日の摂取目安は朝昼夕の食事ごとに1本(350ml)で合計1日3本です。

タイトルとURLをコピーしました